飛天、迎撃、即撤退。
Maxiのほうが更新してるんだからこっちはいらない気もしたけど、多分こっちも(たまに)更新するんじゃないかな
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一喝毒遮断(With堕落)のススメ
Ver変わったら消えそうなものの特集とか誰が得するんだろうか。

さて、特集に入る前に。
うっかり忘れたままだったリンクの紹介でも。

天よ、力を!
賢母天啓(現在は鼓舞デッキ)使いの若菜さんのブログ。

大元帥韓信の騎馬単への道
純正神速使いの大元帥韓信さんのブログ。

俺たちの冒険はこれからだ!(未完)
弓呂布スキーのマユラさんのブログ。

よし、もうないな(多分)。
特集は続きから。異論、反論、感想などがあればどうぞ。
・構成と動かし方
 馬超:
 計略要因その1。主に騎兵同士の突撃対決の際や、号令などに対する時間稼ぎ、逃げようとする武将を撤退に追い込んだりするなど。
 とにかく時間稼ぎにもってこいの計略(わずかですが)。
 馬岱:
 攻城役。兵力が減ってきたら回復して無理やり押し込むというのもあり。
 雛:
 このデッキにおける最重要人物。
 士気を縛る、削るというのが主な仕事。
 騎馬中心のデッキですから、攻城力の高さも魅力なんですが。
 上記のような理由から攻城に行かせることは少ないです。

 このデッキどう考えても神速号令などの速度上昇号令や麻痺矢号令、ダメージ計略に弱い気がするので、それをある程度ですが封じることが出来るのは大きいかと。
 超絶強化や英傑号令が辛い気もしますが、そこは毒とKIAIでなんとか。蜀単陣法デッキは無理ゲーとなりますが。

 李儒:
 計略要因その2。
 毒によるプレッシャーが主な目的。
 毒の範囲を知っていれば固まることは少ないため、確固撃破しやすくなりますし、固まって進軍してくれば毒と乱戦で撤退に追い込めます。
 まぁ、弱体化は当然っちゃ当然ですなぁ。
 董白:
 端攻め要因その1。いやだって、遮断する機会ほとんどないし。
 計略を使うのは毒のかかった低知力騎馬や撤退しそうな武将にかけるだけで十分ですし、そういう状況は滅多にないですから。
 大抵は毒と乱戦だけで撤退に追い込めますし、そうでなくても毒と一喝で相手の計略時間をある程度浪費させることは出来ますから。
 侯成:
 端攻め要因その2。こいつは他にやることないですし(苦笑)。
 足の速さを生かしてかき回すのが主な仕事となるでしょう。

・堕落の舞のタイミング
 基本は互いに士気がある程度貯まった段階(こちらが堕落を踊った後、毒か一喝の使える8~9当たりをめど)に踊ります。
 ただ、こちらが踊る前に相手が計略を使ってきたら無理に踊らず、カウンター狙いで、相手の攻勢が一段落したところで踊るのが良いかと。

 また、維持できればそれに越したことはありませんが、ダメだと思ったらあっさり雛を見捨てるのもひとつです。

・苦手だと私が思うデッキ
 神速号令
 堕落で号令は止められますが、大攻勢は止められないのとこちらに低知力が多いため離間の計がいやだなと。
 刹那神速
 上以上に厳しいかと。一喝で止められる武将にも限度はありますし。
 麻痺矢号令
 神速と同様に堕落で号令はどうにか出来ますが、柵が多いため、予想以上のダメージを食らうことも。
 遠弓戦法がいると雛が狙われてどうにもならなくなりそう。
 速度上昇計略を持つ武将がいないため(いたとしても麻痺矢を2本以上あびれば遅くなります)、号令を発動されると被害は大きいものになるんではないかと。
 飛天
 士気が5と(2色でも)堕落で止めきれない速度上昇舞。
 神速号令などと違って槍もいるでしょうし、簡単に舞姫をつぶさせてくれる人はいないでしょうから、相当厳しいかと。
 毒を掛けても恐らくすぐに逃げられてしまうでしょうしね。
 単色陣法
 基本的に無理ゲー。理由は言わずもがな。
 陣法自体が現環境では単色で組まれることがほとんどないのが唯一の救いでしょうか。

 一喝毒遮断で今あげたデッキに一度もあたったことがないんで自信はありませんが。

 逆にいけそうなのは魏武粘り、鮑大徳、呂布ワラなどの流行りもの。
でなければ毒遮断ってここまで言われなかったような気も。

 長い上に内容がなさそうな書き方になっちゃったなぁ・・・。

ためになったと思ったらクリック




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。